2007/06/19

OSXでJava6

どうやらまだDeveloper Preview版しかないようだ。 (2006/09/12から更新が止まっている模様) とりあえずインストール方法は以下。 Tiger 10.4.5以降が必要(Intel / PPCどちらでも可)

  1. ADCに入会する。
  2. ADC Member Site→Download→Java
  3. Java SE 6.0 Release 1 DP6(Disk Image)をダウンロード ReleaseNoteは目を通すこと。
  4. ダウンロードしたJavaSE6Release1.pkgを実行する
  5. インストーラに従ってインストールする
Java6をいれてもJava5は残るらしい。 JVMの切り替えかたは以下の通り。
  1. /Application/Utilities/Java/Java SE 6にあるJava Preferences.appを実行する
  2. 基本タブを開く
  3. Use VersionをJava SE 6にする
  4. Java Application Runtime SettingsでJava SE6をドラッグして一番上にする
  5. Saveボタンをおして保存する
これでターミナルから実行するときもダブルクリックの時もJava6が使われる。 PPC版ではJITコンパイラが実装されてないらしい。 微妙だが、まぁ何とかなるだろう。

0 件のコメント: