2008/05/19

CGMとか

CGMって最初はテキスト系サイト(懐かしい侍魂とか)HTMLをかけたりCGIをおいたりできる一部の人が使えたものから、MTとか誰でも簡単にBlogができて文章による表現がひろまって、携帯BlogやらTwitter、最近はYoutubeとか動画になって、さらにはニコ動で半リアルタイムにコメントによって感情を表せるようになった。

結局、CGMって個人の感動とか思いを伝えたい!っていう欲求からきていて、技術の進歩で表現の範囲が広まってきてはいるけど、まだ難しい。

たぶん今の軸は2個あって、表現の軸(テキスト→動画)、時間軸(家に帰って→携帯でとったシャメとコメントを投稿、Twitter、2chとかニコ動の祭などのリアルタイム性)なんだろうなと。

ちゃんとクリエイティブなのとかMAD制作とかは一般人には難しいので、今の最先端だと動画を起きた瞬間に投稿できるのが一番簡単で手っ取り早いということになる。

でも、感動した瞬間を撮るというのはあらかじめ準備しておくのは難しいわけで、あとからBlogに書いたりしても、本人自身忘れてたり、メディアの限界で伝えきれなかったりと難しい。テキストなら文才がなきゃ無理だし、動画でもピンポイントじゃないと編集技術がいるとか。

そこでネガティブにしか使われないドライブレコーダみたいな感じなのを個人に装着しておいて、常に記録しておいて、ここだと思った瞬間を別保存、うpできる仕組みが欲しいなと。ADVのバックログ、回想シーンみたいな。

そうすりゃ文才がなくとも個人の自叙伝ができあがり、感情をダイレクトに共有できるし、カロリー計算も家計簿も一瞬にしてできあがるスーパーだめ人間製造装置がげふんげふん。

とりあえず今日の散歩の途中で歩道の花が満開ですごく良い香りがしたので共有したかったのだが、いい写真がとれずそれを言い表す文才もなく書き綴れないのが非常に悔しかったということで。

0 件のコメント: