2008/09/21

PostgreSQLにTCP/IP接続する

Windows側からUbuntu上のPostgres8.3.3にpgAdminでつなごうと思ったらつなげなかった。

デフォルトだと、TCP/IPでつなげないらしい。そーいえばUnixDomainSocketがどーのとなっていたな。

ということで設定。

  1. /etc/postgresql/8.3/main/postgresql.confをエディタで開く
  2. #listen_addresses = 'localhost'のコメントアウトを外して保存
  3. /etc/postgresql/8.3/main/pg_hba.confをエディタで開く
  4. host all all 接続元IPアドレスとマスク trustを追記
  5. sudo /etc/init.d/postgresql-8.3 reload

古い記事が多くて困るのだが、-iオプションはもういらないらしい。あの手の解説記事には作成日と更新日をつけるべきだ。その点Blogは日付が必ずつくのでよい。ただ、一連の解説記事がばらばらになり、一覧性が悪いという欠点がある。そこはCMSに軍配が上がる。

pgAdminから接続するときは

  • 名前:任意
  • ホスト:サーバのIP
  • Port:Postgresのポート(デフォなら5432 postgresql.confで変更可能)
  • SSL:必要(デフォだとonになっている)
  • DBメンテナンス:Postgresの管理ユーザ(通常はpostgres)
  • ユーザ名:DBのユーザ
  • あとは良しなに。

0 件のコメント: