2008/09/23

rspecっていいなぁ

ほんとにほんのちょっとだけ、チュートリアルにしたがってモデルでしか使ってないけど、、、「RSpecには夢があるっ」っていうのは同意。ここまで感心したソフトウェアはなかった。

語彙が、ここまで思考に影響を与えるかというのを再認識させられた。

そしてプログラムをとことんまで自然な英語にしようという心意気。Railsで一番こころをうたれたのもそこだけど、さらに上を行く感じだ。

プログラムじゃなくてほんとに仕様を記述している。そしてそれが仕様であり、実際動く試験になるのだから素晴らしい。すごい綺麗。

spec -fsの結果をみると心躍る。まさしく仕様書!

客がit 'ほげほげがぴよぴよ'とspec書いて中を埋めていけば、設計が終わる世界がくるといいなぁ。

BDDというかちゃんと仕様を決めてとりかかる。Spec Driven Development。あれ?すごい普通な気がする。いかに仕様がきちんときめきれてなかったという裏返しなのか?

itブロックの中でデータというかそのコンディションを用意するまでがメンドイというか冗長になりがち。何とかならないものか。

モデルは開発者よりで、すごいストンと落ちるんだけど、客が気にするのってもっと上位な見た目とか振る舞いなんだよね。そこがどこまで記述できるか。そこを見極めたい。そして客がかける要求(Requirement)とSpecの間を埋められたらすごい面白いと思う。

その要求にはコレだけのSpecがいるのでおいくら万円とか。

少なくともSpecがどれだけ落としたらちゃんとCodeに落とせるか、いいかの良い指標になりそうな気がする。

とにかくRSpecは楽しいから使っていこうと思う。

0 件のコメント: